はじめまして。初投稿なので自己紹介したいと思います。

現在36歳、二児の男の子ママです。

 

上の子が6歳、下の子が3歳で少し余裕が出てきたところで、やっぱり女の子が欲しい気持ちが沸々と湧き上がってきました。

実は、二人目を作るときに、産み分けをしたんですが、結果は男の子でした。

 

二人目の産み分け

その当時、自分ももちろん女の子が欲しかったですが、

  • 自分の親
  • 義理家族
  • 周りのママ友たち

からも色々言われていたので、すごい凹みました。

凹むどころか荒れてました(笑)

 

義母には、ずっと「性別分かった?」と聞かれていて、ちゃんとわかったときに、

「女の子がよかったんですが、男の子みたいで・・・」と言ったところ、

 

「かわいそうに~、また男の子なの?3人目は女の子産まないとね」

と即答され、本当に憎らしくて今でも思い出してしまいます。

それ以来義母のことが大っ嫌いになりました。

孫娘がいないのは、周りで自分だけらしいです。

 

さらには、産み分けしたことは言わない約束だったのに、旦那が口を滑らせて、

「産み分けしたのに男だったな」とかいうもんだから、

「産み分けまでしたのに男だなんて・・・」と追い打ちをかけられた思い出もあります。

 

妊娠が分かった当時はそんなこともあり、かなり荒れ果てていました。

一瞬でも産みたくないと思ってしまったこともあったり・・・

最低ですし、批判されるとは思いますが、一時的にそういう感情になったこともありました。

 

ですが、出産を迎えるころにはもう気持ちは落ち着いていて、産まれてきたときは本当にかわいくて男の子でよかったって思いました。

3歳になりますが、次男くん、本当にカワイイです。

お兄ちゃんが大好きでいつもふたり一緒に遊んでいて、そんな二人の姿を見ると、同性の兄弟を作ってあげれてよかったなと思います。

 

3人目の産み分けをするかどうか

とはいえ、やっぱり女の子も欲しい私。

そして、「女の子産まないの?」とか言ってくるイヤミなママ友を見返したかったりもして。

なんで、女の子一人は産まないとねって考えが多いんでしょう?

これは、男の子ママにしかわからない辛さだと思います。

 

年齢的にはもうすぐ37歳ですけど、迷ったりもしていました。

ですが、産める最後のチャンスと思うと、チャレンジしてみたいなと思ったりもします。

そんなこんなで、旦那さんに相談したところ、

「やれること、やってみよう」という話になりました。

 

でも、妊活していることは義母には言わないということを約束してもらいました。

やっと最近女の子話をしなくなったので、またぶり返したら嫌なので。

 

そんな女の子の産み分けの記録をブログに書いていきたいと思います。