●何度妊娠しても気持ちは毎回初産

“私は現在4人目を妊娠中です。

 

すでに3回体験しているにも関わらず、いつごろ性別わかったっけ?など、毎回初めての妊娠かのようにネット検索する日々です(笑)
私は現在いる3人の子供はみんな男の子です。

 

1人目から女の子を熱望していた私にとって、どの妊娠中も性別がわかるまではドキドキしていました。

 

その気持ちとはうらはらにみんな男の子でしたが、贅沢な悩みでもあることも承知ですし、五体満足、健康な体で生まれてきてくれたことを本当に感謝しています。

 

とはいえ、綺麗事だけではなく、まわりの期待というものもあるのです。

 

時には心無い言葉に深く傷ついたりもしました。

 

男の子ばかりで可哀想。

 

そんな言葉にも負けず、むしろお下がりも使えるし、男の子でもいいんだ!と言い聞かせるように過ごす性別がわかる頃の妊娠7ヶ月目。

 

上のお兄ちゃんは現在中学2年生です。

 

お腹にいる赤ちゃんとは14歳も年の離れた兄弟になります。

 

ありがたいことに、お兄ちゃんは私の妊娠を喜んでくれ、俺は妹が欲しいなーなど言ってくれたりしていて安心しました。

 

毎日慌ただしくすぎていく中で、私の声は赤ちゃんにどう届いているだろう?
ヒステリーおばさんのように怒鳴り声ばかり聞いてるかな?ちゃんと語りかけなきゃ。

 

と思いながらも現実はそんな暇もなく…
そのあたりがちょっと不安になりながらも、今からこの怒鳴り声に慣れてもらったら生まれてきても、大きな声がする中泣かずにいてくれる子が生まれてきてくれたりして?なんて思ったり(笑)
私はどの妊娠もつわりがキツく、その度にもう二度と妊娠なんてしない!!と思いながらも4回目の妊娠(笑)
今回も吐きつわりがひどく、今は落ち着きましたが、つわりの日々は涙が出る思いでした。

 

今は腰痛が激しく後何ヶ月の辛抱だ!と頑張っています。

 

赤ちゃんがお腹にいるというのは不思議な気持ちで、どっちに似てるかな?二重がいいなぁなど、勝手な思いばかりがありますが、やっぱり元気に健康に生まれてきてきてくれるならそれだけで私は幸せです。

 

お腹の中で元気に動いてくれているこの日々はあと数ヶ月しかないので素敵なマタニティライフを送りたく思います。

 

色んな不安もあるけれどまだ見ぬわが子を抱くその日を楽しみにどんな苦痛も乗り越えていけそうな気がしています。

 

妊娠する喜びを4回も体験できる私は幸せです。

 

生まれた赤ちゃんを家族みんなで囲んで笑って過ごす日々を想像しながらわずかな妊娠生活を送りたいです。